読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春休みの海外旅行 子供二人と私で主人の赴任先のジャカルタに行こうと思いま

春休みの海外旅行 子供二人と私で主人の赴任先のジャカルタに行こうと思います。ジャカルタからバリ島へ2日位旅行して、再び、ジャカルタに戻り、その後日本に戻る計画です。 春休みの航空券 の手配は、早めに予約した方がいいですか?旅行会社、ネットどちらで皆さんは、手配しますか? ジャカルタ、バリ島間の航空券もネットで予約してしまいますか?初めてで戸惑っています。

春休みに行かれるとのことですが、来年3月はニュピにご注意下さい。インドネシア全体ではなくバリ島限定の宗教行事であり、ニュピ当日の3/9は空港も閉鎖されますし、前後3日間は様々なサービスが停滞して予定通りの行動が出来なくなります。 https://www.balitouryokou.com/aboutbali/calendar.html あまり慣れておらず、ご主人も頼れないのであれば、ネット予約サイトで全てすませるのではなく、旅行代理店の利用をお勧めします。ネット予約の場合は何かあった際に、全てを自分で交渉して解決せねばならず、よほど英語堪能な方でない限り厄介です。しかも子供連れでは相当に大変でしょう。 下記のような旅行代理店であれば、JTBなどよりは相当に安価です。航空券、ホテル、空港送迎など全てを手配してくれます。 http://stworld.jp/earth_info/BL_ID

/ 今回の場合、日本⇔ジャカルタの航空券、ジャカルタ⇔バリの航空券、バリのホテルと少し複雑な手配になりますので、メールや電話が不安なら店舗に行くのが楽でしょう。航空券の日程、ホテル滞在日程や人数をメモで持っていけば、間違いが起きにくくなります。 http://stworld.jp/corp/branch/ 航空券はJALにこだわりがあるなら仕方ありませんが、ガルーダ航空にすれば別々に取るより安価になります。最近のガルーダは必ず1人は日本人添乗員乗ってるので安心です。

日商簿記検定1級 商業簿記のリース取引で利子率が2つあります。 1.当社の追加借入利子率 2.リース料総額の現在価値が見積現金購入価格と等しくなる利子率 この2つはどう使い分けるのですか?

リース資産の取得原価を算定する際に、リース料総額を現在価値に割り引く割引率は、「貸手の計算利子率」を知り得る場合は当該利子率を、知り得ない場合は「当社が追加借入れをした場合の利子率」を用います。 リース料支払い時の利息法に用いる利子率は、「リース料総額の割引現在価値がリース資産の計上価額と等しくなる利子率」を用います。